« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月27日 (月)

個展と、新作パネル生地のお知らせ

4月のはじめに、こちらでもお知らせさせていただいてますが、
個展まであと一か月を切りましたので、再度お知らせさせていただきます。

『越野多賀子エンブロイダリー&キルト展』
日時   2016年7月19日(火)~7月24日(日)
      11:00~18:00(最終日16:00まで)
場所   茶臼山画廊 
      大阪市天王寺区茶臼山町1-11 
      06-7502-1055
      JR・地下鉄天王寺駅、近鉄阿部野橋駅より徒歩5分

Dsc_2677
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただけると幸いです。


あと、ご縁がありまして、パネル生地をあたらしくつくってみましたので、
作品展終了後、準備が整い次第、ネットショップのほうで販売をしたいと考えています。

Dsc_0257
どちらも、水で洗うと消えるラインが書かれています。

ただし、今回のラインは、アイロンをする場合は、当て布して低温でとのことです。
高温で長時間熱を加えると、ラインが消えなくなる恐れがありますので注意が必要です。
見本のパネル生地、作品展会場のほうに置かせていただきますので、
ご興味の持たれる方は、ご覧になってくださいね。
白いほうが、キャンブリック生地。キナリのほうが、綿麻生地になります。

Dsc_0258
全体図案はこんな感じになります。

完成見本も一緒に飾れるように、今、頑張って縫ってます(汗)
綿麻生地のほうで、センター部分をキャンドルウィック刺繍をしたものは、こちらに。
柄はちょっと違いますが、ボーダー部分は、こちらのようにつかっていただいても~。 

ネットショップは、今日から準備中とさせていただきます。
オープン日時が決まりましたら、こちらでもお知らせさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2016年6月19日 (日)

キャンドルウィックのミニキルト完成

寄り道キルトのほうが、先に完成しました。

Dsc_0241
キルティングしないキルト、です。
タフティングでとめつけるように、
アイレットワークで、表布キルト芯裏布の三層をとめつけています。
アイレットワークやヘデボ刺繍などの穴あき刺繍~、
飾りだけでなくて、良い仕事をしてくれます。
キルティングのときフープも使えずあまり自信がないという
私のコンプレックス、からの発想だったりします。

Dsc_0242
キルティングがないのでふんわり仕上がります。
今回は額なのでぴしっとしてますが・・・。

以前、小さなバッグでは試作したことがあります。こちら

まだ、肝心の刺繍糸買いに行けてません~(焦)
今日は、親戚の法事。今週中にもまた、親戚の不幸事がありそうとのこと。
作品展までいつのまにか~あと一か月。
時間の優先順位考えないと、いいかげんまずいかも。

でも、ライブ2本は~予定通り行きたい。早くお中元の用意しないと。
それより早く、美容院に行きたい・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2016年6月14日 (火)

トラプント中

いくつか寄り道しながら、小さなホワイトキルトつくってます。
トラプントあともうちょっと~。

Dsc_0206_2

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2016年6月11日 (土)

キャンドルウィックのミニキルトを額に~

以前つくった、キャンドルウィックのミニキルトを、
来月の展示会用に、額に入れてみました~。

Dsc_0154
今週末は、伺いたかった作品展二つと高校の同窓会もあったのですが、
ちょっと別の予定が重なってしまい都合がつかず~。 とっても残念です・・・。

来月の個展について、追記させていただきます。説明不足で申し訳ありません~。

『越野多賀子エンブロイダリー&キルト展』
日時   2016年7月19日(火)~7月24日(日)
      11:00~18:00(最終日16:00まで)
場所   茶臼山画廊 
      大阪市天王寺区茶臼山町1-11 
      06-7502-1055
      JR・地下鉄天王寺駅、近鉄阿部野橋駅より徒歩5分

案内はがき、ご入用の方がいらっしゃいましたら、お送りさせていただきます。
ブログの右上のメールのところから、お名前とご住所をお知らせくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2016年6月 9日 (木)

黒と白のエンブロイダリーキルト完成とレシピについて

ずいぶん前につくって~寝かせてたエンブロイダリーキルト、額にやっと入れました~。

Dsc_0137
ヘデボ刺繍やアイレットワークとキルトの組み合わせで、いろいろ実験したひとつです。


キルトにヘデボ刺繍をする方法について、問い合わせをいただくことがあります。
コツだけでなく、キルトと刺繍の順序とか、糸の種類や針のことなどなど~。

刺繍の本を探していただくと、ヘデボ刺繍自体の方法は見つかると思います。
ただ、一枚布にするのと、キルトという厚みのあるものにステッチするのでは、
少し勝手が違うかと思います。
刺繍が得意な方なら、問題ないのかもしれませんが、
10年前京都の小さなミュージアムで目にしたヘデボ刺繍が気に入ってぜひキルトに♪と思い、
刺繍教室にちょこっと通っただけの私がそうだったように、少し難しいのかもしれません。

なので、当時の不慣れな私ができるように、
なるべく簡単に、きれいに仕上がるよう工夫したつもりです。
もちろん答えは一つではないですし、もっと良い方法があるかもしれません。
ご相談くださった人のなかには別の手順で教わったという方もいらっしゃいます。
私の作風や、キルト用にアレンジしたレシピを気に入ってくださったうえで、
それぞれに、キルトに取り入れてくださるのなら、とても嬉しいですし光栄です。

また、教室の問い合わせも度々いただき、大変ありがたく思っています。
ただあいにく教室を持っていません。お役に立てず、申し訳ありません。
なので、興味を持ってくださる方に、お伝えするにはどうしたら良いかと考え中です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2016年6月 7日 (火)

キャンドルウィック刺繍中

ここ数日ちょこちょこのお出かけがつづいてて、
隙間時間には、優先的に作品展のことを考えるようにしてて。
そうして針仕事から離れてると、反動でなんだか無性に針を持ちたくなり、

ちょっと予定外の寄り道に・・・。

Dsc_0114
もともとアウトラインステッチでエンブロイダリーキルトをつくる予定なのですが、
あいにく刺繍糸をまだ買いに行けていなくて。
・・・先日の買い出しで買い忘れました(泣)
とりいそぎ、家にあったキャンドルウィックの糸でステッチを。
やっぱり針を持つと、落ち着きます~。
やるべきことを後回しにしたので、もう一方で焦る気持ちも・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2016年6月 1日 (水)

ウェデング小物

そろそろ会場の飾りつけを考えねばと思い、
展示予定の作品を全部、部屋に並べてみたのですが。
サイズだけでなく、隣り合う色合いも考えたりで・・・なかなか悩ましいです。

しまってあったウェディング小物も、だして並べてみました。

Dsc_0071
それぞれ以前、ブログのほうではアップしています。
つくった時期は、ばらばらなのですが、
すべて同じ、、薔薇模様が織り込まれてたサテン生地で、揃えてつくってます。
キルティングは、今だフープが使えないので得意というわけではありませんが、
キルティング作業はとても好きです。
ただ直線だとどうしても飽きてくるので、モチーフ模様のほうが断然気分が乗ります~♪


昨日は、足りないものの買い出しに~。段取り悪くて、行ったり来たり・・・(汗)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

フォトアルバム

ブログ村

  • にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

ワークショップ