入賞・入選作品 Feed

2016年1月18日 (月)

東京国際キルトフェスティバル入選作品

21日から東京ドームで開催されるキルトフェスティバルの会場に
額にいれた小さなキルトを飾っていただけることに~。今年の入選作品です。

先日のお知らせの際には、こちらでも~たくさんお祝いのお言葉をいただき、
本当にありがとうございました。

Dsc_1063_2
東京国際キルトフェスティバル2016 日本キルト大賞 入選
『flower gift Ⅳ』

Dsc_1061_2
花の贈り物シリーズの4作目。このキルト
は、色違いで制作中です。
こちらは色が地味なので、もうひとつのほうを応募しようかと思ってたのですが、
完成には至らずで・・・(泣)夏の作品展までには~なんとか仕上げたいです。
会場で、ちらっと見ていただけたら、嬉しいです。

先週の神戸そごうでの針仕事展では、Selfish Mさんでお手伝いを。
いつも楽しく過ごさせていただき、武石さんにもほかの先生方にも感謝です。
ショップにお立ち寄りくださった先生方やお友達にも重ねて感謝です。
ありがとうございました。東京ドームでも、ちょこっとだけお手伝いの予定です~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2015年1月21日 (水)

東京国際キルトフェスティバル入選作品

今年の入選作品です。
先日のお知らせの際には、こちらでも~たくさんお祝いのお言葉をいただき、
本当にありがとうございました。
トラディショナル部門には、ホワイトワークのキルトを。

Dsc_0897
Dsc_1348
Dsc_1366_2

東京国際キルトフェスティバル2015 日本キルト大賞 入選
『White Blossom-クレマチスの庭Ⅱ』

こちらは、額絵部門~。

Dsc_2334

Dsc_2318
東京国際キルトフェスティバル2015 日本キルト大賞 入選
『flower gift Ⅱ』

いつもどこか反省点があって。 まだまだ自分を納得させられず。
でも、こうして幸運にもご褒美をいただけると、またちょっと頑張れそうな気がします。
会場で、ちょこっと気に留めていただける方がいらっしゃたら、嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2013年10月30日 (水)

横浜キルトウィーク ミニキルト入賞

ミニキルトコンテストで入賞しました。
こちらには、初めての応募だったのですが、ご縁に感謝します。

Dsc_0332

Dsc_0323
横浜インターナショナルキルトウィーク 2013
ミニキルトコンテスト トラディショナル部門 部門賞
『Red Wreath』

この写真は以前の記事にもアップしてます。おんなじですいません~。
今年は、キルト以外の寄り道が多くて~。大きなサイズは一枚も完成できず。
完成できたのは、小物以外では、このタペだけかも・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2013年1月17日 (木)

東京国際キルトフェスティバル入選作品 レッドワークのキルト 

今年の、入選作品です。

Dsc_0080_2

↑クリックすると少し大きくなります。

Dsc_2110

東京国際キルトフェスティバル2013 日本キルト大賞 入選
『doily-redwok collection-』

2年前、レッドワークをするつもりで、このドイリーの図案をデザインしてみたのですが、
トラディショナルなレッドワークキルトの~赤と白の2色に、
足してみたかったグレーの、色の扱い方と、
あと、小花のサテンステッチの刺繍をどう組み合わせるか・・・で、悩み続けて、
なかなか鉛筆を、針に持ちかえることができませんでした。
で、一度気分を変えて、イメージしやすいホワイトキルトに、図案をアレンジして、
こちらより先に仕上げてしまったのが、
前回のdoilyⅡです。
発想からのことを考えると、今回のキルトは、縫ってる時間より、
妄想している時間の方が長かったような気がします・・・。

私にとって、憧れのレースと、大好きな刺繍と、癒しのキルト。
それぞれの赤の手仕事が見せる異なる表情を、ひとつにまとめてみました。
会場で、見ていただけると、嬉しいです。

制作期間中には、こちらでも、暖かい応援をたくさんいただき、
感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2012年1月15日 (日)

東京国際キルトフェスティバル~入賞作品

年明けから、私のパソコンの調子が悪くなり、急遽、買い替えたりしてたので、
またまたブログも、ご無沙汰してしまいました・・・。

今回、東京ドームのコンテストに
応募していた、ホワイトワークのキルトなんですが、
先日、入選の記事を書いた後に、
思いがけず、入賞のお知らせをいただきました。


Dsc_1782

Dsc_1768

東京国際キルトフェスティバル2012 日本キルト大賞 優秀賞
『doily Ⅱ』

制作意図は、以前、ちらりと書いたのですが・・・。
この作品は、緻密なイメージのホワイトキルトではなく~、
親しみのもてる感じのホワイトキルトもあってもいいかな、という
私のアマノジャク的な発想からうまれたキルトです。
でも、刺繍が入るから、実際には、エンブロイダリーキルトかな・・・。

刺繍に色糸を使ってみた、『doily』 とは違って、
今回は、主役をトラプントに~、

刺繍は控えめにアクセント的に取り入れようと思い、
 全体の色は白色に統一して、質感を変えるだけにしました。
なので、デザインの点で、トラプントと刺繍に、はっきりしたコントラストをつけるために、
トラプントのモチーフを思い切って、かなり大きめにしたのですが、
縫い始めてみると、あ、大味にしすぎたかな・・・、と不安になり、
途中、投げたこともありました・・・。、
完成した今は~、
毎度のことながら反省点はありますが、自分なりに納得できる部分もあり、
また新たに気づいた部分もあり・・・、とにかく、続けてみて良かったです。

そして、こうして評価いただけたこと、とても嬉しく、光栄に思います。
東京ドームでたくさんの方に見ていただけると嬉しいです。

2011年5月10日 (火)

ホワイトキルト 

先日の入選作品つながりで~。
 
2001年の夏から通い始めた近所の公民館のキルト教室を、
途中、家庭の事情で、何度もお休みしながら~
5年近くかかって、ようやく
2006年の春に、講師科のお免状をいただき、
どうにかこうにか・・・卒業させていただきました。
当時、M先生に書いていただいたレポートカードには、
注意のお言葉がずらりと並ぶ、不出来な生徒でした・・・。
いつも自由奔放に?つくらせていただいて、
そして、楽しく学ばせていただいたこと~感謝しています。

~で、いざ目の前に作らないといけない課題がなくなったとき、
あらためて自分がつくりたかったのは~、ホワイトキルトでした。

Dsc_1176

P1020044

東京国際キルトフェスティバル2007 日本キルト大賞 入選
Fleur-光のリース

小花を集めた~リースとブーケ、
そして、アクセサリーからヒントをもらったモチーフを、
オフホワイト色の布に描いたキルトです。

 
このキルトは、前作と違って~(笑)、
肩の力が抜けて、のびのびと楽しんでつくれた作品。
そして、楽しいあまり、途中、全体の確認することなく、
キルティングをどんどん突っ走ってしまった結果、
一部分がたわんでしまってるのに気づいたのがキルト完成後!
ちょっと残念な仕上がりになってしまってます。えへへ。

毎回、仕上がった作品のどこかに
自分なりに~残念!なところがあるので、地味に一人反省会~。
いつか自分を納得させるモノができればいいなぁ。
でも・・・なかなか思い通りにならないから、
こうして今でも、つくり続けていられるのかも~。

Dsc_1143

2011年5月 6日 (金)

ダブルウェディングリングのキルト

先日のお教室で、ちらっと話に出た、
東京ドームのコンテストに初めて応募した作品。

P1020040

東京国際キルトフェスティバル2006 日本キルト大賞 入選
『Fleurー緑の風』

まだ手芸普及協会のテキストを習ってた頃につくったキルト。
テレビで見た、東京のキルトフェスティバルにどうしても行ってみたくて、
入選したら、行ってもいいよ~♪という
だんなさんの軽~く言い放ったセリフを励みに?、
ものすごく頑張って、気合をこめて~、つくった作品。
うふふ。私は物心ついた頃から、かなりアマノジャクな人です~。

習ったばかりのダブルウェディングリングのピースワークをした後に、
大好きなキャンドルウィック刺繍をキルト一面に施し、
(いくら好きでもここまでしたら飽きた!)
今じゃ考えられないくらいの密度のキルティングをして、
そこにさらに、トラプント。(よくしたなあと自分でも思う・・・)
デザインなんてろくに考えもしないで、
ただただ東京に行きたい思いが詰まった~、
気持ちも、そして、生地もキルト芯も厚くて毛糸もいっぱい入ってるので、
実際にも重~いキルト・・・。
完成まで、丸1年ほどかかって、
締め切り直前まで、間に合うように必死で作った記憶が。
もうそんな体力ないなぁ~・・・。

デザインの構想を練るとか、足すだけじゃなくて引き算するとか、
構図とか配色とか工夫するとか・・・という知識も、技術もなかったです。
もちろん今の私もまだまだ勉強中だけど、
今、このキルトを見て、同じだけ手が込んでるものをつくるんなら~と思うと、
このキルトは、ちょっと残念な感じがするし、
ある意味、若気の至りみたいで、なんだか恥ずかしい・・・。
でも、この頃なりの一生懸命な気持ちと、
運よく入選できたことを考えると、やっぱりカワイイかな~。

P1020050


2011年2月17日 (木)

ホワイトワークのキルト

先日の、試作の話つながりで~。

いつも行き当たりばったりで作っていたキルトですが、
ヘデボ刺繍を我流でキルトに取り入れるのに、
さすがに試作をしてからでないと、
キルトが済んだ作品にはさみを入れる勇気がなくて~。
その時の試作後の作品。

Dsc_1151

Dsc_1215

東京国際キルトフェスティバル2008 日本キルト大賞 入選
『White Blossom-クレマチスの庭』
庭で育ててる、お気に入りのクレマチスをデザインしたキルトです。
黒い丸に見える部分が、ヘデボ刺繍を施してる部分です。

これの試作が、キルトジャパンで賞をいただいた、
今、カントリーキルトマーケット樟葉店さんにある、『
white blossom』です。
仕上がってから、サイズが規定内だった事を知り、初めて応募してみました。

ホワイトキルトは、どちらかというと、
コンテスト向きではないんだろうなあと理解してますが、
(あるとき、デザインのM先生がおっしゃってました~)
私の好きなテイストを共感していただけたのがすごく嬉しかったです。
その後、反省を踏まえて、次の年に『doily』を~。
もうすぐ『doily Ⅱ』が生まれます。
こちらは、コンテスト用ではないかな・・・
もうちょっとユル~イ仕上がり予定(笑)

ブティのようなすごく繊細な作品も大好きだけど
自分が作ってて心地いいのは、ゆったりとした感じのキルト。
シンプルでナチュラルで、ちょこっと繊細な感じが好きです。
針目もそんないうほど細かくありません~ほどほどです(笑)
ピーシングもきっちり合わすのが苦手。まつり縫いも超苦手。
モダンな作風や、ミシンキルトにも憧れたりもするお年頃~?(笑)
これからも、お勉強しながら、いろんな表現方法を試しながら、
自分らしいキルトを探していけたらいいなあと思います♪

 

2011年1月17日 (月)

東京国際キルトフェスティバル

今年も東京ドームに作品を飾っていただけることになりました。
今回のは、細切れの時間に縫いためた星のパターンをつないだもので、
とってもとっても~シンプルに仕上げてます~。

Dsc_1348

Dsc_1299

東京国際キルトフェスティバル2011 日本キルト大賞 入選
『milky way』

あいかわらず、ぼけた写真ですが・・・(笑)
いろんな配色を楽しみながら、つなげることができました。
電車で見かけた、アポロチョコの配色のファッションをした、
かわいいお姉ちゃんが、このキルトのデザインソースです。
つまりピンクの星を先に作りました。
あとは思うがままに~。
今回は、トラプントの詰め糸を細めにしたので、
ちょっと図案を細かめに~。

今も、細切れの時間には、色違いのパターンを縫いためて、
買いあさった布の消費活動を♪

昨日は、下の子の~とあるソロコンテストがありました。
娘は、アルトサックスを吹いているのですが、
地区大会の代表に選ばれて、府大会に進むことが出来ました♪

2010年12月30日 (木)

2010年の~入選作品

今年を振り返ってみると、たくさんの素敵な出会いがあった一年でした♪

Dsc_1198

Dsc_1200

東京国際キルトフェスティバル2010 日本キルト大賞 入選
『doily』

ホワイトキルトにグレーの糸で刺繍をしてます。
カットワークとアイレットワーク、トラプントなどをほどこして
立体感をもたせた仕上がりにしてあります。
花とフェザーで、たくさんドイリーを描きました。

このキルトは、たくさんの出会いを作ってくれたし、
パソコン音痴な私がブログをするきっかけにもなってくれました。
この子にはたくさん感謝しないと~(笑)

まだわからないことだらけの・・・つたないブログに
たくさんの方のご訪問をいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです~。
本当にありがとうございました!
来年もみなさまにとって、さらに素敵な1年でありますよう♪

フォトアルバム

ブログ村

  • にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

ワークショップ